みみ

Card-ONE

手漉和紙名刺データ作成時の注意点

[印刷・加工時の再現]

活版印刷

手漉 一枚漉に活版印刷
漉き込まれた主原料の繊維や表面の凹凸により、ベタの印刷時には掠れが発生する場合があります。(写真は越前和紙)

■細かすぎる線や絵柄は潰れやかすれたりして奇麗に再現できない場合があります。
■エンボス、凹凸が激しい紙は印刷の抜けや掠れが発生する場合が有ります。
■手漉きの耳付き和紙を使用するため、印刷位置や見当にズレが発生します。
■紙の種類により、厚さやクッション性に差異があるため、印刷時の凹凸や質感に違いがあります。
■用紙の端まで印刷は可能ですが、耳付きで形や厚さにバラつきがあるため、掠れや抜けが発生します。
■用紙自体に色がついているため、インクの色と仕上がりに差が生じる場合があります。

[イラストレーターの場合]

■Illustratorの対応バージョンは、8.0J~CS6/CCです。
■文字はアウトライン化してください。

■活版印刷のため、データはグレースケールで作成して下さい。
■活版印刷はグレーのアミや、グラデーションは利用できません。必ずK100%で作成して下さい。
■配置画像は埋め込まずに、リンク画像を忘れず添付してください。
 (配置画像の解像度は350dpi以上が推奨です。)
■用紙の形、大きさにバラつきがある為、切れては困る文字、絵柄等はセーフティライン内(名刺サイズより3mm内側まで)
 に納めて下さい。
■断ち切りラインまで絵柄が入るデザインの場合は、完成サイズよりも縦横3mm、塗り足しラインまで絵柄を広げて
 データを作成してください。

[フォトショップの場合]

■Photoshopの対応バージョンは、5.5~CS6/CCです。
■Photoshopデータ(.psd)でご入稿の場合は解像度350dpi以上で作成して下さい。
 小さな文字、絵柄が多い場合は600dpi以上での作成をおすすめします。
■文字データはラスタライズしてご入稿下さい。その際アンチエイリアスはかかってない方が望ましいです。
 そのままのデータ使用が困難な場合は、別途加工料が必要となります。
■活版印刷のため、データはグレースケールまたはモノクロ2階調で作成して下さい。
■グレーのアミや、グラデーションは利用できません。必ずK100%で作成して下さい。
■用紙の形、大きさにバラつきがある為、切れては困る文字、絵柄等はセーフティライン内(名刺サイズより3mm内側まで)
 に納めて下さい。
■断ち切りラインまで絵柄が入るデザインの場合は、完成サイズよりも縦横3mm、塗り足しラインまで絵柄を広げて
 データを作成してください。