Card-ONE

ご自分でデータ作成されるお客様のデータ作成方法
完全データ原稿での対応となります。

完全データ原稿とは校正、修正、編集の必要がない最終的な印刷データです。
テンプレートをダウンロードして下記データ形式で作成して下さい。

テンプレート一覧

データ作成時にテンプレートをご利用下さい。
イラストレーターとフォトショップのテンプレートを用意してあります。

データ形式一覧

弊社で対応しているソフトと保存形式です。

[対応ソフト]

対応ソフト

[入稿時の保存形式]

対応ソフト

※保存形式は上記以外は対応しておりません。
 その他の画像編集ソフトでも上記保存形式に書き出し可能なソフトであれば入稿可能です。

当社で出力可能なソフトは、.ai・psd・tiff・eps・pdfに書き出しできるソフトに限ります。
これ以外のデータは出力できる場合もありますが、文字ズレ・文字化けなどの可能性があるので対応いたしておりません。
※弊社ではソフトの使用方法に関するサポートは行っておりません。

データ作成時の注意点

[イラストレーターの場合]

■Illustratorの対応バージョンは、8.0J~CS6/CCです。
■文字はアウトライン化してください。
■配置画像は埋め込まずに、リンク画像を忘れず添付してください。
 (配置画像の解像度は350dpi以上が推奨です。)
■断裁時、切れては困る文字、絵柄等はセーフティライン内(名刺サイズより3mm内側まで)に納めて下さい。
■断ち切りラインまで絵柄が入るデザインの場合は、断裁時のズレ防止のため、完成サイズよりも縦横3mm、塗り足しライン
  まで絵柄を広げてデータを作成してください。

[フォトショップの場合]

■Photoshopの対応バージョンは、5.5~CS6/CCです。
■Photoshopデータ(.psd)でご入稿の場合は解像度350dpi以上で作成して下さい。
 小さな文字、絵柄が多い場合は600dpi以上での作成をおすすめします。
■文字データはラスタライズしてご入稿下さい。その際アンチエイリアスはかかってない方が望ましいです。
 そのままのデータ使用が困難な場合は、別途加工料が必要となります。
■断裁時、切れては困る文字、絵柄等はセーフティライン内(名刺サイズより3mm内側まで)に納めて下さい。
■断ち切りラインまで絵柄が入るデザインの場合は、断裁時のズレ防止のため、完成サイズよりも縦横3mm、塗り足しライン
 まで絵柄を広げてデータを作成してください。